セルフチェックをする|【毛の悩みを解決】AGAの原因を知って対策や治療に取り組もう

AGAを疑ったらセルフチェックをしてみよう

AGAは自分でも診断することが出来る

「最近髪の毛のボリュームが減ってきた」「抜け毛が多くなってきた」と気付いてしまうと、急に不安になってしまいますよね。自分の頭髪の状態がAGAによるものか気になるでしょう。そこで、悩んでいる人はAGAを判断できるセルフチェックをしてみましょう。

セルフチェックをする

育毛サイクル

ネットで出来るセルフチェック

インターネットを利用して簡単にAGAのセルフチェックをすることが出来ます。セルフチェックは当てはまる質問にはイエス、当てはまらない質問にはノーと答えるだけなので、非常に簡単ですよ。チェックして結果が分かるまで数分くらいしかかからないので、空いた時間でも出来ます。これで博多などにあるクリニックに行く際の心構えもばっちりでしょう。

最先端のセルフチェック

人はそれぞれ異なる遺伝子を持っており、その遺伝子を解析することによって、その人が発生する可能性がある病気などが分かるようになりました。これを遺伝子検査と呼んでいます。AGAは遺伝的要因も関係しているので、遺伝子検査でAGAのリスクを調べることが出来ますよ。

何を調べるのか

AGAには男性ホルモンが関わっているのはご存知でしょう。この男性ホルモンに関する遺伝子にとくていの塩基配列をするものがあると判明しています。塩基配列がCAGとGGCと言われており、2つの配列が短いとAGAを発症しやすいです。つまり、遺伝子検査では個人のCAGとGGCの長さを数値化して、AGAが発症するリスクがあるのかを調査していきます。

病院で行なう場合

検査を行なう方法は2つあります。その中の1つ、博多などの病院やクリニックで遺伝子検査を受けることが出来るのです。病院では各医療機関によって、採血する方法と頬の内側の粘膜を綿棒で摂取する方法があります。いずれも値段は2万円ほどで、医師から結果の説明を受けれることや結果に応じた治療がすぐに始められることがメリットになります。

自宅で行なう場合

遺伝子検査は自分で行なうことも出来ます。通販で検査キットが売られているので、まずは検査キットを購入しましょう。中身が分からないように配送してくれるので、家族に知られたくない人でも安心です。実施方法も簡単でキット付属の綿棒で頬の内側の粘膜を取って、10分ほど乾燥させて、返答用封筒に入れて送り返すだけです。そのあとに結果が届きます。メリットは病院まで行かなくてもよくて、値段も1万3千円ほどで受けられることです。